ナンテコトないヘンテコまいにち

なにも持ってないない美28歳のナンテコトないまいにちの記録

匍匐

仕事で嫌なことがあって。

先日の異動から、嫌な気持ちを抱えたままここまで来て、それが引き金になってしまいました。

 

そこで

関わると不快な目に合うとわかっている人から距離を取って働いていたら

ボスの癇に障ったらしく、ボスから存在無視されています。

異動もそうだし、たぶん辞めてほしいんだろうな。

求められていないとわかっているのに毎日出社するのは地獄です。

 

想定外だったけどまた転職するしかないかな、と思って

ぽつぽつ転職活動しています。

 

なんでこんなに仕事のことで一喜一憂して死にたくなったりするのか。

他の人はそんなことないのかな。

 

自分は仕事をすることに自分の存在意義を感じていて、

常に求められていたいと思うが故に、仕事がないと必要とされていない=存在意義がないとなってしまって、もうそこで働くのが耐えられなくなってしまいます。

他の、人手を必要としているところで働きたくなる。

 

自分の存在意義を他者に求めるのが間違っているのだとは思います。

そして存在意義の不確かさや脆さが自分の生育環境によるものだということもうすうす気づいています。

 

大好きなアーティストもいるし、思う存分映画鑑賞もしているのに

実生活において仕事と同価値なものがないということなのかな?

 

恋人や家族やペットがいたら、仕事で何かあってもどうでもよくなるんだろうか。

あくまで生活するためのお金を得る手段でしかないと割り切れたら、思い煩うこともなくなっていいのになあ。