ナンテコトないヘンテコまいにち

なにも持ってないない美28歳のナンテコトないまいにちの記録

趣味に支えられる。

結婚相談所で知り合った眼鏡と同居1ヵ月でサヨナラしたない美です。

現在、都内のマンスリーマンションに仮住まい中。

 

 眼鏡との新居&そこからの避難 と2回の転居で貯金を使い果たしてしまったので、28歳にしてボンビーガールです。

 

 

■趣味の必要性

眼鏡と同じ家で暮らしている間、趣味が心から楽しめなくなりました。

家事に追われてというのもあるけれど、単純にそんな気持ちになれなかった。

一人暮らし時代に楽しんでいた散歩には一度しか出ていません。それも眼鏡と休みがかぶって、家にいたくなかったから外に出ただけ。

 

お絵描き用のipadには一度も触れないまま段ボールから段ボールに移動しました。

 

趣味は楽しいからやるだけじゃなくて憩いの時間でもあるんですよね。

心に余裕がなくて、趣味が楽しめなくなり憩いの時間もなくなり。

 

それがなくなって趣味の時間がどれだけ自分の心を癒していたかを実感しました。癒しは自分を大事にする行為なのだと。

 

最近、またお絵描きを始めました。寝る前に時間を決めて没入する。

こういう自分を癒す生活がしたいなあと思います。結婚すれば幸せになるという固定概念は一度手放して、時間を趣味に割いていたいのです。

 

今回の騒動前に送っていた一人暮らしの生活では、それが普通で

普通な毎日が退屈で、もしかしたらその退屈さが突発的に行動を起こした遠因になったのかもしれないけれど、普通の毎日というのがどれだけ幸せな時間だったかを思い知りました。

 

 

■手に届く幸せ

6畳にロフトが付いていて、去年から育てている9つの観葉植物たちをベッド脇に並べているのですが、クーラーの風が当たらなくなってすくすくと育っているのがうれしいです。

 

クーラーの風!植物が元気をなくす原因!

 

緑はやっぱり癒されます。水耕栽培なのにいつの間にか葉っぱの数が増えて背が高くなっているのがキモかわいいのです。

 

前、かりそめ天国で「年を取るメリット」について話題になっていて、

「花を美しいと思うようになった」という意見がありましたが

まさに今それです。

 

最近はその辺の雑草があまりにもかわいくてついしゃがんで眺めてしまいました。

お花の色にもいちいち感動しています。お花はなぜ美しいのでしょう。

春は緑もお花も一番美しい時期ですね。

 

ちなみに番組のニュアンスだとシニアの意見のようでしたが

私は急速に老いているのでしょうか・・

 

 

 

 □□□□

いろいろ勝手が悪いので、予定を切り上げてマンスリーから脱出すべく

物件探し中です。

ここまで読んでいただきありがとうございました! 了!