ナンテコトないヘンテコまいにち

なにも持ってないない美28歳のナンテコトないまいにちの記録

19歩目:やっと新居の審査が通った!

自分の方は既にオーネットの退会が済んでいたのですが、眼鏡さんはまだだったので二人で支社へ行くことになりました。

 

■最後のオーネット

私は今回あくまで自分の運とこれまでの努力で得た縁という認識で、特段オーネットに恩があるつもりはないのですが、眼鏡さんが「でもオーネットのおかげでない美ちゃんに会えたから」と律儀&大人な感覚なようで、せっかく2人とも同じ支社なのだし行こうよ、となったのです。

 

というからにはなにか担当のアドバイザーに手土産でも持って報告するんだろうな~と思っていたら眼鏡さんは手ぶらでした。さらに報告らしい報告をすることもなく、手続きのための書類をチクチク書いて、あっさりと終わりました。

 

てっきり手土産的なものあるのかと思ってたよ

手土産?!考えなかったなあ。おれけっこうそういう礼儀的なところ抜けてるんだよなあ

結局、心から感謝の気持ちあったら自然と持っていく発想になっていたと思うし、私たちお互いにあんまりオーネットに感謝してないんじゃない

なるほどなあ(´・_・`)

 

一般的に手土産持っていくの普通なんでしょうか。気が利かない我々です。

(私の場合は気づいていたのに敢えて持っていかず眼鏡さんにおんぶする気まんまんだった)

 

アドバイザーさんからはフォトフレームと指輪やエステなどの割引券をもらいました。

こういう会員同士の成婚退会ってデータを取るチャンスだからいろいろ聞いた方がいいのに、特に聞かれませんでした。(聞かれたら聞かれたで不機嫌になるヤツ)

 

後日、退会後にオーネットからアンケート協力のお願いというメールが来ていて、私は開くこともなくスル~したのですが眼鏡さんはきっちりみっちり書いたらしいです。

 

 

IKEAに行ってきた

家具家電はそれぞれの持っているもののうち優秀なものを採用、優秀でないものは廃棄する段取りでしたが、新居用のリビング用にテーブルやチェスト、ラグなど新調したいものもいくつかあります。

 

今はネットでお手軽に家具も買えるので、経済的・時間的節約の為ネットメインでの購入予定にはなりますが、お互いのイメージ擦り合わせのためにオーネットの後IKEAに行ってきました。

IKEAは見るだけで楽しいから一人でもたまに来てウィンドウショッピングはしていたけれど、まさか現実的に誰かと家具を見て回る日が来るとは。

 

眼鏡さんはない美の家に宿泊体験に来た時、インテリアがいたく気に入ったようで、新居のコーディネートは全部一任してくれるとのこと。

 

言われるまでもなく、ない美色に染める気まんまんでしたが!

かわいくて落ち着く感じの家にしよ~と画策中です。

 

 

■一週間かかった!

新居の内見に行ったらすごく気に入って、即日申込したのですが審査通過の連絡までに一週間もかかりました。

 

コロナで人員削減しているため、通常より審査に時間がかかるとは聞いていましたが不安で不安でたまりませんでしたよ・・

 

先行して引越の申込と契約を済ませて既に荷造り開始していましたし。

同条件でまた探し直す気力もないし。

なによりなんだか審査落ちなんて悲しいし。。

 

入居申し込みも、不動産屋さんとのやりとりもぜーんぶ眼鏡さんがやってくれて、私の方は緊急連絡先である父に承諾を得るのと、源泉徴収票を用意するくらいでした。

 

たぶん自分がやった方が早いという判断でやってくれたのだと思いますがこちらとしてはありがたい限りです。

代わりに水光熱のライフラインは私の方でやっておきました。

 

 

■お金はどうする?

お金はちゃんと取り決めておきなさい、とは家族にも職場の人にも忠告されました。

家に入れるお金の配分とか方法は話し合っていますが、眼鏡さんとない美の収入差が激しく(眼鏡さんの半分もないない美の収入)、なんだか申し訳ない気持ちになります。

 

逆に眼鏡さんはない美の少ない年収で都内で一人暮らしでやり繰りしていける能力に驚愕していました。そりゃそうだ。源泉徴収票の雀の涙ほどの金額を見て、自分でもよくやってこれたな・・と改めて思いました。

 

なので家計に関してはこの自分の金銭感覚でどこまでコスト削減しつつ、かつ豊かに暮らすやり繰りができるか少しわくわくしている部分もあります。経済的・精神的に落ち着いたら猫ちゃんも迎えたいし。

 

 

□□□□

引っ越し費用はそれぞれ負担、初期費用と新規購入の家具たちは折半となりました。ない美の少ない貯金の底が見え隠れしてきて恐ろしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございました! 了!